ようこそ! Welcome to our website!

*ご訪問ありがとうございます*

七瀬あゆこ作品にかかわって下さる方々に感謝をこめて、2014年秋にスタートしたオフィシャルサイト(ホームページ)です。
発表してきた作品への思いや背景について、また音楽全般に関する話題や、今後挑戦していきたい事など、七瀬あゆこ自身による記事をアップしています。
楽譜ユーザーの皆様や、紙媒体の『ろここ通信』読者の方々ばかりでなく、音楽に少しでも興味のある方なら、楽しんで頂けるようなサイトにしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(皆様からの七瀬作品へのコメントや動画などは、当方でも可能な限り拝見しております。)

*メニューについて*

Profile          七瀬あゆこプロフィール(日本語,English)
Works          出版物と発表作品(抜粋)
News Letters(Web version) 紙媒体『ろここ通信』(since 1987)のWeb版。
   →Gao forever!    フルーティスト齊藤賀雄さんの思い出
   →Archive   過去の『ろここ通信』と、主催公演の記録
Comments  編曲や、音楽全般、個々の楽曲について(サブページに English あり)
Field work     作品の背景となった場所を国内外で現地取材
Denmark  「小さな大国デンマーク」と音楽で対話、現地取材レポートも
                           (サブページに English あり)

七瀬あゆこ Ayuko Nanase                  
~ Since 2014.9 ~
  
七瀬あゆこオフィス  ろここミュージック
Copyright(C)Lococo music (Ayuko Nanase Office) 

           ~ 記事および写真の転載はご遠慮ください。  Reproduction prohibited

最近の話題 Recent topics

                             ムラマツ オリジナル シリーズ  Vol.74  NEW!!
 
   メヌエット Tempo di Menuetto Op.49-2 (ベートーヴェン/ 七瀬) フルート二重奏
悲愴ソナタ2楽章 Sonate "Pathétique" Mov.Ⅱ (ベートーヴェン/ 七瀬) フルート三重奏
  降りつもる秋 Autumun getting into full swing (七瀬あゆこ) フルート三重奏

                          全曲スコア,パート譜付き 税込¥1,650
                      お申し込みは、村松楽器 03-3367-6000 まで!

              Muramatsu Original Series Vol.74  (Music booklet:score,parts)
                   More details → click here! / Offer to buy +81 3 33676000 


       ~  ~ ♪ ~    ブラフの丘から …Blog風に    ~ ♪ ~  


 ★ 
I hope COVID-19 problems around the world get resolved as soon as possible.

                        ☆  ☆ S  T  A  Y        S  A  F  E   ☆  ☆

2020.11.29
Sun.
このサイトの中でも、アクセスの多いページの一つが、Gao Forever! です。
Gaoさんこと、フルーティスト齊藤賀雄さんが旅立たれてから、この11月でちょうど10年になります。

連載記事は昨年末に最終回を迎えましたが、没後十年を記念して、締めくくりの記事「ちょっと長めのエピローグ」をアップしました。
今改めて連載を読み返すと、何やら自分の履歴書のようでもあり、ちょっと赤面したりするのですが、エピローグでは本編では書けなかった「胸キュン」なエピソードもご披露する流れになりました。ぜひ、アクセスしてみて下さいね。

下の旅の記事ですが、今回から蔵出し画像版で、デンマークのクリスマス気分をお届けしています。
本場の「静かなクリスマス」。こんな日々には、なおさら心にしみる気がするのです。

2020.11.14 Sat.
ニュースレター『ろここ通信』98号 (News Letters) でご紹介している記事 私のアレンジ「もう一つの原点」

音楽とはまた別のところに原点があることを、意外に思われた方々もいらっしゃったようですが、この記事に出てくる高校時代の古文の授業でお世話になった恩師から、「私も昔から (お聖さんの) 大ファン」だとお手紙頂き、心躍りました^^。

学恩の重みは、時とともに身にひしひしと迫り来るようにも思われますが、うら若き日のあの弾けるような感動と熱狂は、自分の足取りを生涯支えてくれるものなのかもしれません。

たとえ別の分野に進んだとしても、心深く刻まれている…そんな風に感じることが最近多いように思えるのは、こんなコロナ禍の日々だからこそかもしれないと思います。

2020.10.21 Wed.
急に寒くなってきたここ横浜ですが、山岳部では雪の便りも聞こえてきます。大自然は、コロナ禍にあえぐ人間たちをよそに、いつも通りゆったりと季節の歩みを進めている…今年はそんなことを考えます。

おうち時間に不用品の処分をしたという人が多数派を占めた、というデータを見ましたが、最近「断捨離」の考え方をちゃんと学ぶ機会に恵まれ、これはなかなか深い世界だと感じ入っています。
断捨離には、不用品の処分も含まれますが、むしろそれより大事なのは、モノとの向き合い方を通して自己発見をすることなのだとか。

そんなわけで、クローゼットの断捨離を試みた今年は、この時期の衣替えが驚くほど楽だったことに、もうびっくり!

「モノとの関係が生きているか」を問うという、断捨離の心。それはきっと、人生のすべてに当てはまるであろうし、迷いつつ時に失敗しながらも続けてゆく、さながら求道のプロセスということのようです。

2020.10.4 Sun.
金木犀が香る頃になりました。
右の「季節の一曲」を、秋から初冬向けに新しくしました。

セレナーデは、元々は家の外で奏でるもの。一人の演奏者が一人の聴衆に向かって…ということなので、これは今の日常、つまり3密を避けてソーシャルディスタンスをとるという条件を満たしてくれるではないかと。
今回この曲を選んで、そうかと気づきました。

フルート・アンサンブルでも、知恵を絞ってうまく工夫して、我らのセレナーデを奏でて頂けると嬉しいです。

     ・・●・・災害で被災された方々の復興を、心よりお祈り申し上げます。・・●・・

    ----- ✈    ♪♪ Denmark ♪♪   ----- ✈

デンマーク の旅の様子を写真でご紹介します。(2020.11.27更新)

デンマークのクリスマスの画像をお楽しみください。
(写真 上左)
コペンハーゲン中央駅の真ん前にある、世界的に知られるチボリ公園(TIVOLI)の中にあるショップのひとつ。ここではクリスマスの飾りつけ用の雑貨を専門に扱っている。白や金銀を基調としたシックで落ち着いた雰囲気が、北欧クリスマス気分の主流のように感じる。

(写真 上右)
公園内にはあちこちに大小のクリスマスツリーが。こちらもごてごてした装飾はなく、シンプルでムードがある。ちょうど日が暮れかかる時間帯で、イルミネーションが最も映える頃。(雪は本物ではなく、装飾のための人工のもの。)
チボリは昔ながらの遊園地という構造。そんな懐かしさも手伝ってか、子供の頃クリスマスを無心に楽しんだ気持ちがよみがえる。
デンマークのクリスマスには、たとえ人混みの中にあっても、どこか静かに内面に向かう感じがあり、これがきっと本場のクリスマスということなのかなと思う。

(写真 下)コペンハーゲンの中心部にあるコペンハーゲン大学のすぐ近くに位置する、ドイツ系のサンクト・ペトリ教会(St.Petri Kirke)。クリスマス礼拝のこの日、4本の火が灯されたアドベント・キャンドルが、シルバーの美しいパイプオルガンを背に飾られていた。

(写真をクリックすると、拡大します。) 
                                          ★ 旅の記事は、こちらでもご紹介しています。 → Field work  
                                          ★デンマークについては、こちらもご覧ください →Denmark

2018.12.21 Copenhagen; Denmark
2018.12.21 Copenhagen; Denmark
2018.12.25 Copenhagen; Denmark


          
CONTACT
PAGE TOP