ようこそ! Welcome to our website!

*ご訪問ありがとうございます*

七瀬あゆこ作品にかかわって下さる方々に感謝をこめて、2014年秋にスタートしたオフィシャルサイト(ホームページ)です。
発表してきた作品への思いや背景について、また音楽全般に関する話題や、今後挑戦していきたい事など、七瀬あゆこ自身による記事をアップしています。
楽譜ユーザーの皆様や、紙媒体の『ろここ通信』読者の方々ばかりでなく、音楽に少しでも興味のある方なら、楽しんで頂けるようなサイトにしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(皆様からの七瀬作品へのコメントや動画などは、当方でも可能な限り拝見しております。)

*メニューについて*

Profile          七瀬あゆこプロフィール(日本語,English)
Works          出版物と発表作品(抜粋)
News Letters(Web version) 紙媒体『ろここ通信』(since 1987)のWeb版。
   →Gao forever!    フルーティスト齊藤賀雄さんの思い出
   →Archive   過去の『ろここ通信』と、主催公演の記録
Comments  編曲や、音楽全般、個々の楽曲について(サブページに English あり)
Field work     作品の背景となった場所を国内外で現地取材
Denmark  「小さな大国デンマーク」と音楽で対話、現地取材レポートも
                           (サブページに English あり)

七瀬あゆこ Ayuko Nanase                  
~ Since 2014.9 ~
  
七瀬あゆこオフィス  ろここミュージック
Copyright(C)Lococo music (Ayuko Nanase Office) 

           ~ 記事および写真の転載はご遠慮ください。  Reproduction prohibited

最近の話題 Recent topics

                             ムラマツ オリジナル シリーズ  Vol.77   NEW!!
           
                        初めての悲しみ (シューマン/ 七瀬)フルート二重奏
     羊は安らかに草を食み 「狩りのカンタータ」より(J.S.バッハ/ 七瀬)フルート三重奏
                              桜シャンソン(七瀬あゆこ)フルート二重奏
                                       
                               全曲スコア,パート譜付き 税込¥1,650
                         お申し込みは、村松楽器 03-3367-6000 まで!

              Muramatsu Original Series Vol.77  (Music booklet:score,parts)
                   More details → click here! / Offer to buy +81 3 33676000 


       ~  ~ ♪ ~    ブラフの丘から …Blog風に    ~ ♪ ~  


 ★ 
I hope COVID-19 problems around the world get resolved as soon as possible.

2022.1.5 Wed.
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2年以上ごぶさたしているデンマークの友人たちとの季節のあいさつも、どうしてもコロナ話題になりますが、それでもネットで交流できることのありがたさを痛感します。
ここに書いたデンマーク映画『DRUK(邦題 アナザー・ラウンド)』は、地元でも大好評のようで、アカデミー賞受賞作品になったことを、とても貴重にかつ誇りに感じている様子。

♪コリア風デリカート♪
この曲の成立と深くかかわっている、韓国の恩人池明観(ち みょんくゎん)先生が、元日に97歳で大往生されました。お別れに深い悲しみを感じるのは、それだけ素晴らしいご縁だったということ。そして、音楽はその魂と共に生き続けるのだという、おごそかな思いをかみしめています。この曲については、Comments (楽曲への思い 特別編)にも掲載しており、リニューアルしています。

皆様にとって、明るさの増す良い一年になりますように。

2021.12.28 Tue.
いよいよ2021年もあとわずかになりました。
毎年、マイ漢字を二つ考えることにしているのですが、
今年は「」と「」。
昨年に引き続きパンデミックに振り回され気味の年でしたが、そんななかでいろいろと気づくことも多く、自覚したり、感慨を覚えたり…
今あるものと向き合うと、それを育むことの大切さを思い、力を合わせることによって育まれていることに気づいたり…

最近読んだ本で、とても面白かったのが現代語訳 福翁自伝』(福澤諭吉 齋藤孝編訳 ちくま新書)。
一万円札でおなじみの、慶應義塾創立者福澤の痛快で楽しく心に深く届く本で、たくさん笑い力づけられました。お正月の読書にいかがでしょう^^。

本年もアクセスいただきありがとうございました。
皆様どうぞ良い年をお迎えください。

2021.12.19 Sun.
街にはクリスマスの気分があふれています。
コロナ禍ゆえ、なかなかコンサートやパーティーもままならず、プレゼント商戦も絶好調とはいいがたいこの頃、思い出すのはとても静かで心にしみるデンマークのクリスマス。
3年前に現地で体験したヨーロッパのクリスマスです。

老いも若きも、富める者も貧しい者も、健やかなる者も病める者も、すべてが今ある幸に感謝し希望を抱く…心豊かになる季節。
私はクリスチャンではありませんが、本当のクリスマスってこういう感覚なのではないかと、
現地のクリスマスに身を置きながら、気づかされました。

このサイトで扱っているフルートやピアノといった西洋を由来とする音楽。その根底にはキリスト教の音楽が、しっかりした礎としてあると言えます。そう、一見関係なさそうでも、ルーツは必ずここに来ると言ってもいいと思います。
なので、クリスマスの音楽、とくにこの時期に高揚感をもって奏でられる楽曲には、特別なものを感じます。

キリスト教文化に敬意を表して、今年も静かなクリスマスを、ホットワインをすすりながら、楽しみたいと思っています。


2021.11.30 Tue.
コロナ禍の間に取り組んだことのひとつに、著作権にまつわるかなり煩雑な作業がありました。
特に面倒なのが、編曲についてのあれこれ。
詳しくは長大になるので書きませんが、つまりは自分のほかに著作物の権利を有する人がかかわると、その手続きがややこしくなる、ということです。
驚いたり呆れたりすることもある一方で、今風に言うと「神対応」に心なごみ、感謝の思いに包まれることも何度もありました。
いろいろな経緯がありましたが、それでもはるか昔に比べれば、日本の著作権についての考え方はずいぶん視野が開け、進化したなぁと思います。

そんな編曲に改めて思いを馳せて、「◆編曲(へんきょく)という語感がちょっと…」という記事をアップしました(Comments 編曲(アレンジ)のおはなし コーナー)。
ぜひアクセスしてみてください。


     ・・●・・災害で被災された方々の復興を、心よりお祈り申し上げます。・・●・・

    ----- ✈    ♪♪  Field work  Napoli (Italy) ♪♪   ----- ✈

フィールドワークの蔵出し画像から、2013年秋のナポリ(イタリア)の様子をご紹介します。
ナポリといえば、カンツォーネの都。そればかりでなく、歌の王国たるイタリア、その音楽の心の根っこを訪ねて、ナポリの旅の風景をお届けします。(2022.1.15 更新)

(写真左)
ナポリ中心地からケーブルカーで登ると、住宅地ヴォメロの丘に着く。こういう集合住宅の暮らしぶりはまずまずなのだという。全体にシックな色の使い方で、特にこの緑色がイタリアっぽいと感じてしまう。バルコニーへ出て、お隣さんとおしゃべりしたりするのかなぁと想像していたが、コロナ初期の頃、集合住宅のバルコニーでイタリア人が歌を歌う映像をよく目にしては、こんな風景を思い出していた。

(写真右)
窓辺に思い思いの花を飾るこの感じは、ナポリの住宅地でごく当たり前に見られるもの。古い建物のようだが、ピンクの壁が周りとうまく溶け合っていて、世話の行き届いた花の組み合わせもいい感じ。こんなその土地の「普通」の感覚に感動してカメラを向けていると、現地ガイドのHさんが、こんなどこにでもある風景を写真に撮ることに驚いていた。

(写真をクリックすると、拡大します。) 
                  ★フィールドワークについては、こちらでもご紹介しています。 → Field work  
                  ★デンマーク現地取材記事については、こちらをご覧ください →Denmark

2013.10.24 Naples; Italy
2013.10.24 Naples; Italy


          
CONTACT
PAGE TOP