ようこそ! Welcome to our website!

*ご訪問ありがとうございます*

七瀬あゆこ作品にかかわって下さる方々に感謝をこめて、2014年秋にスタートしたオフィシャルサイト(ホームページ)です。
発表してきた作品への思いや背景について、また音楽全般に関する話題や、今後挑戦していきたい事など、七瀬あゆこ自身による記事をアップしています。
楽譜ユーザーの皆様や、紙媒体の『ろここ通信』読者の方々ばかりでなく、音楽に少しでも興味のある方なら、楽しんで頂けるようなサイトにしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
(皆様からの七瀬作品へのコメントや動画などは、当方でも可能な限り拝見しております。)

*メニューについて*

Profile          七瀬あゆこプロフィール(日本語,English)
Works          出版物と発表作品(抜粋)
News Letters(Web version) 紙媒体『ろここ通信』(since 1987)のWeb版。
   →Gao forever!    フルーティスト齊藤賀雄さんの思い出
      Gao forever!2
   →Archive   過去の『ろここ通信』と、主催公演の記録
Comments  編曲や、音楽全般、個々の楽曲について(サブページに English あり)
Field work     作品の背景となった場所を国内外で現地取材
Dreams         これから実現してゆきたいこと、デンマーク取材レポート
                           (サブページに English あり)

七瀬あゆこ Ayuko Nanase                  
~ Since 2014.9 ~
  
七瀬あゆこオフィス  ろここミュージック
Copyright(C)Lococo music (Ayuko Nanase Office) 

           ~ 記事および写真の転載はご遠慮ください。  Reproduction prohibited

最近の話題 Recent topics

                            ムラマツ オリジナル シリーズ  Vol.71
  ♪ 機械人形 オランピアの歌 ~歌劇「ホフマン物語」より (オッフェンバック/ 七瀬)2Fl.
                             ♪ 八月のねがい (七瀬あゆこ) 3Fl.
          ♪月に寄せる歌 ~歌劇「ルサルカ」より (ドヴォルジャーク/ 七瀬) 3Fl.
                           全曲スコア,パート譜付き 税込¥1,620
                      お申し込みは、村松楽器 03-3367-6000 まで!

              Muramatsu Original Series Vol.71 (Music booklet:score,parts)
                   More details → click here! / Offer to buy +81 3 33676000 


       ~  ~ ♪ ~    ブラフの丘から …Blog風に    ~ ♪ ~  


 ★ 
I hope COVID-19 problems around the world get resolved as soon as possible. ★

                          ♥ ♥   S      S  A  F   ♥ ♥

2020.5.23 Sat.
コロナ禍も、ようやく次のステージに向かいつつあるようです。
今までは「みんなが一律に我慢」、それはそれで大変でしたが、これからは我慢の段階がそれぞれの立場によって違ってくるという ---つまりは隣の芝生が嫌でも気になってくるような--- これはなかなかシビアな状況なのかもしれません。でも、次へ進むにはこれを超えないと…ですね。

あれもこれもリモートというのが、突如常識になりつつあり、私もそれなりに対応に追われていますが、やってみないと分からないこと、やってみて初めて気づくことが結構出てきます。
どの分野でも言われることですが、新たな価値が生まれるときには、それまでの常識を疑うことや、ピンチをチャンスに変えること、逆転の発想が大事とのこと。魂の底力みたいなものが、試されているような気がします。

2020.5.8 Fri.
GWが終わり、町は一気に春から初夏の感じが濃くなってきた横浜です。

例年のペースとは少し違いますが、やはりステイ仕事場がメインだったこの連休。オンラインのデータ送受信や、オンライン指導要請などの波が、確実に我々の業種にも来ているという実感があります。
コロナ禍が一段落したら、、、というフレーズが多く聞かれるようになりましたが、世の中のあり方が大きく変わってゆきそうな見通しのなか、想像力とかプラス思考とか、つまりは今あるものを生かしていかに楽しく生きるか、という技術が大きくものを言う時代になるのかもしれません。
それにしても、今できることを探し始めると結構たくさんあって、いろいろと発見の多い日々とも言える気がします。

2020.4.26 Sun.
職住近接の業種の友人たちと、「ステイ仕事場」はいつものことだから、我々は缶詰め引きこもり状態には慣れているかも、なんてメッセージを交わしながらも、長く続く正念場をしっかり乗り切ろうと励まし合う日々です。

音楽家、特に若い世代の方々は、この先行き見えない状態に、心が折れそうになるかもしれませんが、音楽は、そして文化は、決して人間にとって必要ないのではないと、これは自信をもって断言したいところです。
今、問い続けていることは、必ずあとになって大きな糧になると思います。苦しいからこそ、その意味は大きいと思うので、決してネガティブにならず、今できることに集中したいものです。

レインボー・カラーの「STAY HOME」(上↑)、虹の色って七色だと思っているのは、実は日本ならではの常識らしくて、いろいろな捉え方があるそうで面白いです。私は、ダブル・レインボーがお気に入りです^^。

2020.4.16 Thu.
首都圏は、既に非常事態が日常になりつつありますが、今日の緊急事態宣言を受けて、ちょっと物々しい雰囲気になっていますね。
とは言っても、個人の意識や行動の基準は一貫して変わらないのだと思います。ウイルスはそもそも、寄生する相手がいなければ増殖できなくて滅びるものらしいので、とにかく感染を阻止するのみ。一般市民でも、努力することで状況を改善できるのなら、やるしかないと思っています。

それにしても、こんな時だからこそ見えてくることに、いろいろと考えさせられます。
この世界的危機のなか、人類一丸となって、という理想に燃えたい^^ところですが、結構それは難しいことであるらしい現実とか…。
また、文化の厚みということで言えば、う~んやっぱりまだまだドイツやイギリスにはかなわないなぁ…とか(文化支援の政策の話です)。
デンマークの親日家たちに言わせると、「日本人は世界で最もpolite (丁重な、礼儀正しい) な民族」だそうですが、この非常事態のなか、一同しっかり気持ちを合わせて、さすがは日本人と言われたいものです。

旅の記事、更新しています。北欧の夏の朗らかな気分にワープして下さい^^。

2020.4.5 Sun.
新年度が始まりました。こんな時だからこそ、新たなスタートを切られた方々の門出を、心から応援したい気持ちです。

右の「季節の一曲」を更新しました。今回は、季節の…というよりは、この時期の一曲、という感じですが。
無伴奏のソロの曲は、演奏する場所の音の響き方で、テンポや間の取り方の感覚が変わってきます。自分の出した音を聴くだけでなく、音が鳴っていない瞬間を意識してみてください。
無伴奏ソロの曲は、「沈黙とのアンサンブル」だと思っています。

2020.3.27 Fri.
日々状況が変わりやるせない限りですが、心配し始めるときりがないので、底知れない不安感に飲まれないよう、行動に気を配りながらも、気持ちはいつも通りを保つよう心がけています。

Comments の「編曲(アレンジ)のおはなし」コーナーに、久々に記事をアップしました。
私のアレンジ「もう一つの原点」今回は、驚かれるかもしれませんが音楽の話ではなく、文学の話。決して読書家だとは思っていない私ですが、若い日々に大きな影響を受けた作家田辺聖子の話題です。

私は東京生まれの東京育ちですが、両親が西日本出身のせいか、どこか東京人になりきれないところがあり、西日本系二世かもしれないと思うことがあります。田辺聖子さんといえば大阪。河合隼雄先生も関西だし、子供の頃憧れた手塚治虫も関西ですね。

紹介している作品は、Kindle でも読むことができますが、やはりこれは紙の匂いの中で読むのがおすすめです。お家時間にいかがでしょう?

     ・・●・・災害で被災された方々の復興を、心よりお祈り申し上げます。・・●・・

    ----- ✈    ♪♪ Denmark  2019   ♪♪   ----- ✈

デンマーク の旅の様子を写真でご紹介します。(2020.5.17更新)

(写真左)海(リムフィヨルド)に沿った場所にある、オールボー城。城と言っても、木組みの建造物で、地方知事の駐在所だったとのこと。16世紀に建造された歴史ある建物だが、当時の町の中枢機能として牢屋もここにあったらしい。この城の敷地のたたずまいは、同じユトランド半島の南西部にある、デンマーク最古の町リーベ Ribe にも似ていて、古いデンマークの地方の町はこんな感じなのかなと思う。

(写真右)オールボー城から少し内陸方面に歩いた位置にある聖母教会の周りには、こんな旧市街のような街並みが広がる。まさにリーベ Ribe にもこんな家々が並んでいたし、アンデルセンの生地オーデンセ Odense 旧市街にも似ている。夏の花ホリホックの色合いや、さりげなく置かれた自転車が、建物と絶妙に調和していて(意図的にそうしていると思う)、デンマークデザインの感覚だなぁと思う。

(写真をクリックすると、拡大します。) 
                                          ★ 旅の記事は、こちらでもご紹介しています。 → Field work  
                                          ★デンマークについては、こちらもご覧ください。→ Dreams

2019.7.21 Aalborg; Denmark
2019.7.21 Aalborg; Denmark


          
CONTACT
PAGE TOP